免疫ってなに?

免疫が大事と良く耳にしますが、なぜ免疫UP=健康なのでしょうか。
最近では、この免疫が美容にも大きく関わることが様々な研究によって明らかにされています。
今回は、この免疫の基礎をお話しできればと思います。

病原体と戦うカラダの仕組

私たちのカラダには、日々いろいろな病原体が侵入してきます。
もしカラダに病原体から身を守る仕組みがなければ、あっという間に病気に侵されてしまいます。
毎日私たちが元気で健康にいられるのは、
私たちのカラダが病原体と戦うカラダの仕組=免疫システムが備わっているからなのです。
つまり、免疫が下がると、元気でいられなくなり、健康が損なわれる状態になってしまうということです。
この免疫システムは大きく分けると、自然免疫と獲得免疫にわけることができます。

今日は、この2つの違いを理解していきましょう。

自然免疫とは

簡単に言えば、カラダに侵入してきた侵入者(病原体)と最前線で戦い、カラダを守る仕組みを自然免疫といいます。
一方で、カラダには栄養素を始めとして、日々たくさんの色々なものが入ってきますが、
カラダに良いものも攻撃してしまっては大変です。

そこで自然免疫のシステムには、カラダにとって良いもの、悪いものを見極めて、
悪いものだけ(病原体)を攻撃するという機能が備わっています。
このように、初めて見る敵であったとしても悪い病原体を見極めて攻撃をするチカラが自然免疫です。

もう一つの免疫とは?

一見、万能に思う自然免疫ですが、自然免疫を突破されてしまい細胞の中に病原体が入った場合など
自然免疫だけでは外的から身を守ることができなくなってしまいます。

この時に活躍するのが獲得免疫と呼ばれる免疫です。

カラダの中には、病原体を食べてくれるマクロファージというものが存在しますが、
このとき、病原体の情報を他の免疫細胞に伝えくれ、この免疫細胞はこの病原体の情報を覚えておくことで、
つぎに同じ病原体が入ってきたときに、その病原体に対して効果的に攻撃の指令をだすことができるのです。
おたふくかぜ等のように、一度罹ると二度かからない病気があるのは、
このようにカラダの持つ獲得免疫のおかげで、同じ相手には二度と負けない仕組みが作られているからなのです。

この仕組みを利用しているのが予防注射です。
病原体を弱くしたものをカラダに注射することで、その病気の免疫をカラダにつくるのです。

免疫が私たちのカラダを守ってくれることが良く分かったと思います。
この免疫の働きは、年齢、食事・栄養、そしてストレスの影響を大きく受けることが分かっているので、
日々意識して免疫機能をアップさせておくことで健康寿命を延ばすことが出来るのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事